【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.22】

2018/08/09 00:35
●資金繰り表を通じて、経営改善をアピールする 【実績の検証が大切】 資金繰り表は、作成して提出するだけで満足してはいけないのです。 「実績」を更新し、検証していくことが大切です。 なぜ? 資金繰り表は、あくまで計画でしかないからです。取引銀行との関係は今回かぎりというわけではないです。 銀行は、資金繰り表で計画した数字が、しっかり達成できているかを見てきます。 もし、 実績を残していけば、銀行の評価を上げることができます。仮に達..

続きを読む

【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.21】

2018/08/06 15:01
融資申込時の活用ポイント】 ●「資金使途」をはっきり伝える 銀行は融資審査の際に、貸したお金が何に使われるのかという「資金使途」を非常に気にします。 そのため、会社側で「資金使途」が何かをはっきりさせ、銀行の担当者に伝える必要があります。そうすると、担当者が稟議書を書くときに苦労せずにすみ、融資審査がスムーズにいきます。 「資金使途」には、代表的なものとして、「運転資金」や「設備資金」などがあります。 ●経常運転資金 「経常運転資金」とは、..

続きを読む

【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.20】

2018/08/05 01:44
【銀行員はココを見る!】 ●売上高と売上現金回収高の整合性 「売上高」の合計値と「売上現金回収高」の合計値にあまりにも乖離がある場合は、銀行は粉飾を疑ってきます。 売上高を架空計上しているのではないか? 現金収支尻をよく見せようとして現金回収高を実際より多く計上しているのではないか? という具合に疑います。 商売の流れで、売上高と売上現金回収高の数値に大きな乖離がある場合は、銀行との交渉の際に明確に説明しておく必要があります。 ●仕入..

続きを読む

【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.19】

2018/08/03 04:57
【資金繰り表は難しくない】 決算書や試算表は作ったり、提出したことはあっても、資金繰り表は何だか難しそうで作り方も分からないという先入観で、ご自身で作成したり、銀行に提出したことがないという経営者の方は多いのではないでしょうか? しかし、銀行の融資審査が厳しさを増している昨今、他の会社と同じことをしていたのでは銀行からの評価は上がらないです。 満足のいく資金調達を成功させるためには、資金繰り表は今や銀行交渉の必須アイテムとなっています。 資金繰り表を自..

続きを読む

【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.18】

2018/08/01 00:10
【資金繰り表とは家計簿のようなもの】 資金繰り表とは、会社のお金の出入れがわかる表のことです。簡単に言うと「家計簿」のようなもので、会社のお金を管理するのに役立ちます。 基本的には月単位で入金と出金の予定を記入し、会社にいつ、いくらお金が入り、出ていくのかを把握できます。「予定」に加えて、「実績」も記入し、その誤差を経営改善に活かすこともできます。 【銀行員が知りたい項目が詰まっている】 中小企業で、資金繰り表を作成している企業は驚くほど少なく感じます..

続きを読む

【税理士が教える小さな会社でもお金を借りやすくする方法No.17】

2018/07/29 01:54
【決算説明資料を作ろう】 決算月があけると、その後2ヵ月間で税務申告を行い、各金融機関に決算書を提出することになります。 その際、どのような決算書を渡していますか? 銀行の担当者に、ただ手渡ししているだけで終わっていませんか? 銀行に訪問し、決算内容について説明していますか? 社長自身が銀行まで足を運び、内容を説明した方が好印象を残すことができます。 必ず銀行に出向かなければならないというルールがあるわけではないですが、決算は年1回ですし、..

続きを読む

もっと見る