【西郷隆盛の引き際と散り方】

2018/06/19 19:21
明治10年に、鹿児島士族の不平不満が爆発し起こった西南の役の中心人物の一人が西郷隆盛であることはご存知でしょう。これも知られているように西郷は自らの意志とは反して戦いを選択したと伝えられています。 西郷は鹿児島士族に慕われ、盟友とも言われる大久保がいる明治政府に反旗を翻し南九州を中心に政府軍と激戦を繰り返します。武力・兵力に劣る西郷軍は、鹿児島市内城山に篭もらざるを得ず、最後を迎えることになります。 西郷は、いかに死すかということだけが最後に残ったことでしょう。敵..

続きを読む

【石田三成の引き際と散り方】

2018/06/19 19:13
「原点に返る」「歴史は繰り返す」という言葉があります。 歴史をひもとくと、我々に大きな示唆を与えてくれます。視点を変えると経営にも活かせることがたくさんあります。ところが、それに気づかないことが多いのです。皆さんの気づきの一助になればと考えてお届けします。 【石田三成の引き際と散り方】 中小企業にとって事業承継は大きな問題であり、それに関連する経営相談は後を絶たないほどです。経営士・コンサルタントの中には事業承継専門の先生もいるほどです。 歴史的に見ても、..

続きを読む

【徳川家康に学ぶリーダーシップ】

2018/06/19 18:56
徳川家康に学ぶ「関ケ原の戦い」でのリーダーシップについて書きます。 戦国時代の終わりを告げた関ヶ原の戦い。この天下分け目の合戦を境にして、戦国の時代は終わりを告げた。 関ヶ原の合戦への動きは、豊臣秀吉が亡くなってから、始まります。秀吉が亡くなった当時の豊臣家の跡継ぎであった豊臣秀頼は、まだ6歳でした。秀吉は亡くなる間際に、秀頼の後見人に徳川家康を指定しますが、その通りにはなりませんでした。 そして、秀吉の死後から2年後に、天下分け目の合戦、関ヶ原の戦いは始ま..

続きを読む

【織田信長に学ぶリーダーシップ】

2018/06/19 18:44
戦国武将の中でも特に人気が高いのは織田信長です。戦を好み、戦術家としても名高い織田信長の生きざまは、 「目標を設定して、自ら達成するために動く」という現代のビジネスマンにとって憧れの一つです。 織田信長の戦いの中でも、特に有名なのは「桶狭間の戦い」です。 2万5千といわれる大軍を率いて攻め入ってきた駿河の今川義元軍に対し、織田信長はたった2千の兵で打ち破った戦いです。 圧倒的な劣勢の前に、城内の兵が籠城するか、いっそのこと全軍突入するか、揉めていた中、織田..

続きを読む

【上杉謙信に学ぶ事業承継】

2018/06/19 18:35
歴史から経営のヒントを得ることができます。今回は、上杉謙信という人物から事業承継について考えてみましょう。 上杉家については、ライバルであった武田家が信玄の没後にすぐ途絶えたのに対して ①謙信の没後、後継者の景勝は秀吉に仕え、五大老にまで登用された ②景勝の名補佐役としての直江兼続が存在が高く評価されている ③江戸時代に外様大名として石高を減らしながらも江戸時代終わりまで存続した ④後に米沢藩の改革で知られる藩主「上杉鷹山」を輩出した 等、藩経営の成功..

続きを読む

もっと見る