【海外では現地の食文化を堪能すべきである】

海外に行くと、母国の料理が恋しくなります。
先進国では、おおむねどの国の料理も口にできます。

そこで海外旅行先で、母国料理を口にしようと思うことがあります。

「現地に行って、不可解なものを口にしたくない」という気持ち。

「やはり食べ慣れたものを口にしたい」という気持ちなどがあるのでしょう。

アメリカで提供されている日本料理とはどんな味なのか、という興味もあるでしょう。

もちろんたまにならいいですが、海外に行って母国の料理ばかりに手を出すのは少しやりすぎです。そういう方が意外に多いような気がします。

それではせっかく海外旅行をしている意味がありません。

海外に行くなら、海外でしかできない経験をたくさん積むことです。
食べられる回数は限られています。

海外に行ったとき、その土地の食文化を適度に楽しむことが大切です。


ただし、慣れない料理ですから、おなかを痛める可能性もあります。

体調が許すかぎり、海外にいるときは海外らしい食べ物を口にして、精いっぱい現地の食文化を味わいましょう。

この記事へのコメント